• Yuki Akiyama

How to wear: イヤカフ

Updated: Feb 9



今回の会員限定シークレットセールの対象にもなるジュエリーに、イヤカフもご用意しております。(セール当日に向けてまだまだ追加で掲載いたします!)


イヤカフといえば、2020年からその存在が飛躍的に定番化したことがジュエリー界の大きな話題となりました。(マスクをしてても使いやすい、というのが1番の理由です。)

イヤカフが登場した初期の頃は、パンクやロックなイメージのボディピアスと混同されがちでしたが、今やそのイメージは変わり、”オシャレ感度の高い方のジュエリー”として、デザインも素材も様々になりました。


私的に特筆したいことは、何より付け方が自由であること!

新しいアイテムゆえに、”こうしなくてはいけない”という付け方もありませんし、これまで片耳ピアスに抵抗があった方も、イヤカフなら片耳だけでも、左右に違うものをつけても、心地よく使えるアイテムではないでしょうか。

またピアスの場合は、穴の位置でしかジュエリーを留められませんが、イヤカフの場合は、デザインによってつける場所を自由に変えられます。

ペアで揃えなくても良い、というのもお財布に優しく嬉しいポイント♡


オンラインショップですと、あいにくご試着いただけないことが心苦しい限りですが、Kui Co.ではより多くの方の耳に合いやすい、使いやすいベーシックなフープのイヤカフを多数掲載していますので、ぜひ以下の着画をご参考に、お好みのスタイルをお探ししてみてください♡



一つだけ片耳につけただけでも、お顔の表情が嘘のようにガラッと変わります。


お手持ちのピアスやイヤリングに合わせていただいても、目線がいくポイントが変わるので、これまでのスタイリングと全く違うバランス感でお楽しみいただけます。


複数のイヤカフをつける場合、付け方は自由にアレンジいただけ、右でも左でも自由に重ねてつけるだけで、アクセサリー使いの上級者のように、こなれた感を演出してくれる、頼もしいアイテムです♡


装着する際は、フープの開き具合をゆっくりと開け閉めいただければ耳たぶの形や厚みに合わせていただけますので、ご自身でご調整してみてください。

もし付け方でお困りの際は、いつでもKui Co.までご連絡くださいませ。

次回ポップアップショップにご来店いただいた際に、店頭で調整もさせていただきますので、お気軽にお声がけください♡


  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2021 by Kui International